本文へスキップ

地域に根ざした活動をする 関西大学校友会芦屋支部

女子会Dreport

芦屋バルに参加






2018年5月26日 土曜日、第20回芦屋支部女子会を開催しました。今回は6人のメンバーが集い、第9回芦屋バルに参加しました。
「芦屋バル」とは、芦屋市内の飲食店を中心に、40もの店舗がこのバルのために特別なワンドリンク&フードのメニュー又はテイクアウトアイテム(お土産バル)をリーズナブルに提供。参加者はバルチケットを購入し、バルマップを片手に、複数のお店をはしごながら特別メニューと芦屋散策を満喫するというイベントです。この「芦屋バル」の実行委員長を務められているのが、芦屋支部女子会のメンバーである河口 紅さんだということは私たちの自慢でもあります。
女6人、和気あいあいと、“キュベ・クルール(ワンドリンク&3種類のタパスの盛り合わせ)”と“Jackson’s N.Y.DINER(ワンドリンク&サンドウィッチのセット)”の2軒を回り、飲んで、食べて、喋ってと楽しいひとときを過ごしました。
賑やかな芦屋の雰囲気に“あっ、今日はバルなんだね!”と言葉が交わされるくらい、市民権を得た“芦屋バル”。シビックプライドの醸成にも一役買っているこのイベントに女子会メンバーと参加できたことを嬉しく思う1日でした。
(2018.05.26)
(1998年 商学部卒 岡島美佳)

「上方ナイト」山本能楽堂 に参加


11月18日(土)、芦屋女子会は、大阪市中央区にある山本能楽堂(理事長の山本章弘氏は関大校友)で行われたイベント「上方ナイト」に参加しました。
普段、お茶屋さんでしか観られない舞妓さんの踊りに始まり、桂米團治さんの
センスあふれる笑いっぱなしの落語、山本先輩の美しく凛々しい舞を目の前で
観ることができました。
観客数名が能舞台に上がって、小鼓のたたき方を教えてもらう体験コーナーも
あり、日本の伝統文化を存分に味わうことができました。
能楽堂は、椅子に腰かけての鑑賞、足元は床暖と女性にも優しい仕様がうれしい限り。
芦屋支部女子会もそれぞれ内面に磨きをかけ、ますますパワーアップ。
これからも多方面に目を向け、お互いに情報交換しながら、活発な活動を
すすめていきたいと思います。

(2017.11.18)
1987年(昭和62年) 社会学部卒業 糸川 寿子

阪神競馬場馬主席を満喫


9月秋晴れの週末、芦屋支部の先輩諸氏が女子会メンバーを阪神競馬場の馬主席にご招待くださいました。ほぼ初体験の4人は正門前で、圧倒的な大きさと来場者数にびっくり。ロンシャンやアスコットなどヨーロッパでは女性が大きな帽子で華やかですが、ここは日本。控えめなおシャレで臨みました。受付を通りエレベータで上の階へ!
階段状で横に長い馬主席は美しい芝を眼下にプレミア感が漂います。競馬新聞を手に賭け方の基本をセミナーで学び、自販機で馬券を買い、同じフロアのレストランで昼食をいただき、パドック真横でレース直前の馬の毛並みや調子を観察。ビギナーズラック狙いで、勝っても負けても一喜一憂しました。
馬主席は優雅で初心者にも抵抗なく女性向きと言えますが、一般席にも想像以上に女性客が多く、女性の社会進出が進んでいることをこんなところでも実感。
先輩のお陰で社会見学と初体験の有意義な女子会となりました。

(2017.9.9)
1978年(昭和53年) 文学部卒業 山本 淑子

大阪の歴史散歩


今回は芦屋を出て大阪へ。兵庫県立歴史博物館の藪田館長(関西大学名誉教授)をお迎えして、大阪歴史街歩きを開催いたしました。
まずは堺筋沿いにある重厚な大正建築「新井ビル」で集合。このビルに入っている五感は関大校友が経営されているパティスリーで、2階では軽食もいただけます。こちらでランチをいただいてから、散策スタート。北浜は大戦中の空襲の被害が少なく、多くの歴史的建築が残っている地域です。通りの名前や橋の名前一つ一つの由来や、建築物にまつわるストーリーを伺い、普段何気なく過ごしている街が歩んできた様々な歴史をまさに五感で味わう一日となりました。帰宅して撮影した写真を見ていると、どこか小旅行にでも出かけた後のよう。いつもの大阪とは思えぬ景色の連続でした。
最後は五感が昨冬オープンされたCacaotier Gokanへ。まさに五感尽くしの一日となりました。
ご多忙な先生に無理をお願いして日程調整をしたため限られた人数での参加となりましたが、再開催を望む声も大きく、次回開催時は女子会ではなくなっているかも…?藪田先生、今後とも芦屋支部をよろしくお願いいたします。
(2017.6.25)
(平成10年文学部卒 浅尾美佳)



PAGE TOP

関西大学校友会 芦屋支部

〒659-0091
兵庫県芦屋市東山町11-7
TEL 090-8236-9467
FAX 0797-35-8067
E-mail reimei@kcc.zaq.ne.jp